委員会事業「VUCAの波に挑め~不確実な時代を生き抜く力とは~」

9月16日(水)安来商工会議所にて、委員会事業「VUCAの波に挑め~不確実な時代を生き抜く力とは~」を開催いたしました。

新型コロナウイルスの発生により私たちの生活や職場でもさまざまな変化が起きています。しかし、この変化というものは私たちの何気ない日常のなかでもいつも起きているものです。特に近年のIT技術の発展はめざましく、AIの導入が様々な場面で見られます。また地球温暖化や海洋プラスチック問題などの環境問題、良いことも悪いことも含めて私たちの世界は変化し続けています。

そこで本事業は、予測困難な状況(VUCA)についてと、それに対応するOODAループというフレームワークについて委員会でスライドとオリジナルのゲームを作成し実際に変化に対応するにはどうすればいいのか。変化の波に挑む人財を育成することを目的として開催いたしました。

コロナ禍の中ではありますが、入場時の検温と手指消毒、マスクの着用にご協力いただき青年会議所メンバー以外にもたくさんの方にご参加をいただきました。
新型コロナ発生後、久しぶりのオープン事業ということもあり、委員会メンバーで何度もスライドの修正リハーサルを行い熱の入った講演を行いました!

参加者の皆さんには、「オリンピック施設建設ゲーム」というレゴブロックを使用したゲームを講演の始めに1回行っていただき、VUCAとOODAループについて説明させていただいたのち、第2回戦で状況変化に対応するポイントを実際に体感してもらいました。

ゲームでは途中に様々な状況変化を用意させていただき、参加者の皆さんは次々に発生する状況変化にチームで相談し合いながら楽しく行っていただき、交流を深める事にもつながりました。自分たちで1から作り上げた事業で改善点もあったものの、滞りなく進行できたことは良かったと思います。ご参加いただいた皆さんありがとうございました。