平成30年7月豪雨災害 呉災害ボランティア

2018年6月28日から7月8日頃にかけて、西日本の広範囲を襲った平成30年7月豪雨災害の死者は200人を大きく超え、平成に入って最悪の豪雨災害となっています。我々青年会議所では日本青年会議所中国地区協議会からのボランティア要請や情報を得て、広島の呉に安来JCメンバーで災害支援に行きました。そして豪雨から1ヶ月以上たちましたがまだまだ人的支援ボランティアが必要な状況が見えてきました。特に重機で入れない狭い場所の土砂撤去は人力作業で行わなければなりません。しかもすごい量です。今回は11人体制でチームを組み、狭く長い場所の土砂撤去をバケツリレー状態で行いましたが、とんでもない重労働でした。作業終了時間が来ても殆ど土砂が撤去できていない状況に自分達の力不足を痛感すると共に、数は力なりの言葉通り、多くの支援が必要だと感じました。呉に限らず今回の豪雨で被害を受けた地域はまだまだボランティアが必要な状況です!時間がある方は是非、呉や豪雨災害で困っている方達に力を貸してあげて下さい!