3月例会「となりのタタラ」

タタラ製鉄を学ぶべく『となりのタタラ』と題した3月例会を開催しました!

安来市、奥出雲町、雲南市が共同で申請していた「出雲國たたら風土記 ~鉄づくり千年が生んだ物語~」が昨年、日本遺産に認定されました。
まずは認定についてのお話や今後の展望を雲南市役所産業振興部 商工観光課 鉄の道文化圏推進協議会 よりお話いただきました。

この「出雲國たたら風土記 ~鉄づくり千年が生んだ物語~」を活用することは認知度アップやブランド化が図れることに加え、郷土の再発見やアイデンティティの確認などの対内的効果にも繋がります。さらに、2017年初夏に映画「たたら侍」が公開予定で、この地域は注目される可能性を大いに秘めています。

私達安来JCでは、「出雲國たたら風土記 ~鉄づくり千年が生んだ物語~」を地域全体として活用しその魅力を発信してもらうために、認定されたストーリーを紙芝居にして発信しました。

その後、日本遺産を活用するために自分たちにできることや行政に行ってほしいことなど、たくさんの市民の皆様、各種団体、行政とグループワークを行いました。

本日の事業を終えて、「出雲國たたら風土記 ~鉄づくり千年が生んだ物語~」に関すること以外にも、安来市にはタタラ製鉄として歴史や文化がたくさんあることを気付かせられました。