9月例会事業「YOU架けちゃいなYO!ぼくのわたしの中海架橋」

ふれあいの街プラーナで、9月例会事業「YOU架けちゃいなYO!ぼくのわたしの中海架橋」を開催しました。
経済産業省が行った調査によると、企業の多くが若手社員に主体性や創造力を求める一方、若手社員にその能力が不足していると捉えています。
しかしながら、学校においてその能力を十分引き出せる教育が行われているとは限らない現状があります。
こうした能力を高めるためには、そのような力を必要とする場面を数多く経験することが大切であると考えます。
また、当会議所は2014年度より、中海架橋実現の理解と協力を広く地域住民に呼び掛ける運動を継続して展開しています。
そこで、身近なテーマである中海架橋を題材として、レゴブロックを使用して、子供自身が自分の感性や工夫を発揮させながらオリジナルの中海架橋を作ることを通じて創造力や主体性を育む事業を開催しました。

当日は97名の親子連れが参加し、たくさんの橋ができました。
橋にはそれぞれ名前をつけてもらい、世界に一つだけの中海架橋を架けることができました。

また、当日は一般の来場者向けにアンケートも行いました。
場所はプラーナで30代~70代の男女です。
結果は以下の通りです。
約70%の方は中海架橋の構想すらしないという現実です。
この現実にも向き合いながら、市民の皆様に中海架橋に関心を持っていただける取り組みも必要だと感じました。